忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



オットー、大地、和葉…と順番にやってきた胃腸風邪。
もれなくわたしも 和葉からバトンタッチ。
嘔吐発熱 布団の中過ごした3日間。


わたしたちを動かすのは
やっぱりいのちだと おもった。

お熱をぶり返した和葉に
じゃかじゃか大根をおろして
第一大根湯(大根(根の方)と生姜のすりおろしに醤油と三年番茶をそそいだ
自然の解熱のお手当)を飲ませた
何にも食べません絶食期を経過したわたしもいっしょに一杯。

お勝手でふたり向かい合って
おいしいね おいしいねってごくごく飲みほした。

わたし こういうのほしかったんだ
と思った。



みるみる身体が蒸気ぽっぽする。
和葉も ぽっぽっぽーとか言っている。
そのままお布団かぶって発汗。


身体の中でいのちがはたらいていたよ。
もらったいのちが。大根万歳。


ああ
わたしはおいしいものに目がないとか
軽く口にしているけれど
実は とっても生々しくてグロテスクなことだわ
と思った。

だって誰かのいのちだものね。
当たり前のことだけど
すっかり忘れていたよ。
風邪のおかげだ。




もう すっきり爽快。
クリアな感じ。
きらきらとしたものだけで
満たしていきたい。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
第一大根湯の詳しいレシピ教えてください!
りか 2012/02/01_Wed 編集
りかさん
第一大根湯のレシピでーす。

かぜによる高熱(38度以上)や熱が出る前の寒気のとき、発汗、動物性たんぱく質過多による以下の症状(腰痛・右肩の肩こり・ジンマシン・アトピーのかゆみ・鼻炎)ニコチンの解毒などに効果のあるレシピです。

肉や魚の毒素を吸着し、余分なものを分解する大根、抗炎作用のあるしょうが、血行をうながす醤油が相乗効果を発揮します。

○材料
大根おろし(大根の下の部分):大さじ山もり3杯
根生姜おろし:大根おろしの1割
醤油:大さじ1~1.5杯
三年番茶:2カップ

○つくり方&飲み方

どんぶりに大根おろしと、大根の一割の根生姜おろしと醤油を入れます。
三年番茶を沸かし、その中に注ぎます。
これを一度に飲み、頭からふとんをかぶり、汗が充分に出てしまうまで、そのまま我慢です。
汗が出ないときはもう一度大根湯を飲み、同じことを繰り返します(でも2回まで)。

寒気のときも一度に飲んで布団をかぶると、体にこもっていた熱が発散します。

急に高い熱が出たときには1回400cc、
それ以外の症状や解毒には1日1回200ccを飲みます。

急なお熱の時など試してみてください。
空腹のときに飲むと 効果がよく感じられると思います!
soso雨土みほ 2012/02/01_Wed 編集
[266] [272] [271] [270] [269] [268] [267] [265] [264] [263] [262]
最新記事
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
バーコード
プロフィール
HN:
雨土みほ
HP:
性別:
女性
自己紹介:
雨土 amatsuchi      川村美保

枇杷エキスをつくる人。
09年静岡県浜松市に移り住む。
ばぁばやそのまたばぁばたちが日日つないできた手仕事を知りたいと思っている。
もちろんおいしいモノには目がない。
特技は素潜り。

オットー川村佳吾 蒼蒼舎という名前でお庭のお仕事をしています。  
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone   Since 2009.6