忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日々のこと、facebookhttps://www.facebook.com/にてときどき更新中です。
みなみなさまも楽しきまいにちを!
PR



今日から鳳来寺山のふもと
旧カドヤ小学校でスークがはじまりますよ!

ARTと緑の10日間
わたし雨土も今日 出店します。

山笑う鳳来へ!
おまちしていまーす。


以下
主催の爾今あけみさんのブログより

2013 スーク・緑の10日間
~cafe&ART~

4月26日~5月6日
9時~16時

昨年から始まった、ギャラリーMUNIの春の企画、スークについてのおしらせです。

昨年は、とにかく緑の中に浸ろうという気持ちで始まりました。
学校と、カフェとクラフトと。
うとうとするくらい気持ち良い一日を過ごしませんか・・と。

2013年スーク、
テーマはARTとカフェ。

スークは市場。
人々の交流、物の交易の場ですから、もちろん校庭では昨年の様にクラフト作家が店を出します。
スークが始まるまで、始まってからも随時募集します。
あまり括りを作らず、自由に参加していただけるようにします。
一日でも毎日でも、出店者が自由に選んでいただきます。

27日の四土市と、5月3、4日は比較的多数の出店を募集しています。

また、人は楽器を持ち、様々な場所で音を奏でます。

コーヒーの豆を挽く音と、ドリップされたコーヒーの香り。

子どもの声と大人の声。

今年、校舎の中では五人の作家が、教室一部屋づつを展示します。

爾今の思いで選んだ五人の作家たち。

爾今から作家に伝えたことは、
あなたが本来作りたい物のを・・。

7年前、ギャラリーMUNIを起こした、あの日と同じ思いを伝えました。

ギャラリーで、作家の作る何が見たいのか。
それは、作家自身。
これが私です。
というモノ。
これがギャラリーMUNIの思い。


秋の無二の市では、手から生まれる職人の手仕事を。
春のスークでは、ありのままの姿をARTとして。

春と秋。
私たちが、何かをみなさんに伝えるこたができたら・・。

あの門谷小学校で。


緑溢れるあの小さな学校で、2013年春 何かが始まります。





春の嵐がくるまえに星農園の星さんちをたずねました。

このあいだ静岡のカフェでいただいたよもぎのお茶が美味しくて
今がさかりのよもぎ摘みをさせてもらいに行ったのでした。


3e0f4930.jpeg


















畑におりて
たったかかけまわる子どもたち。


747170f2.jpeg



















くっついたりはなれたり。

小さな野の花を這いつくばって見てみたり。
のびのびと のびのびのびと あそびました。

和葉と大地
はじまったばかりのあたらしい保育園生活。
とっても緊張していただろう この一週間。


どうも
子どもたちとおんなじくらい
わたしも緊張してたみたい。
もともと どちらかというといかり肩だけども
ますます力が入ってたよう。
がんばって いいおかあさんになりたかったみたい。
すこしでも よくみせようと張り切っちゃった…。

ちょっと深呼吸。
やわらかい よもぎのかほり。

そのまんまでいいんじゃない?
和葉も大地も わたしたちも。
ね!まゆちゃん!


493cab49.jpeg



















楽しい時間はあっという間。
帰りは大地の大好物の かき菜を山盛りいただいて帰りました。

このかき菜はどんぶりいっぱいの胡麻和えになり
おいしくおいしくいただきました。

いっしょにもらったノビルは刻んで擦ったゴマと醤油であえて
朝ごはんのおともになりました。


そうそう。
よもぎのように陰性の野草の灰汁ぬきは
重曹より灰を使うと良いのですって。

灰がなかった我が家は小さな畑に素焼きの平皿を置いて
薪を燃やして灰をつくりました。
もれなくジャガイモの焼き芋も楽しんじゃったのでした。


うれしいな 摘み草のめぐみ。

ありがとーHoshi family☆









日曜日のこと
設楽町のお山にある工房aoyamaにおじゃましました。

この日はアトリエのオープンデイ。
かずしさんの木の家具と、ゆきさん皮小物
豊根のパン屋さんミンデンさんのパンと
ハンドドリップのコーヒーのかほり
おふたりのビッグスマイルと
設楽の山を照らすさんさん太陽が出迎えてくれました。

東京での暮らしから かずしさんの故郷愛知県 設楽町でのお山暮らしへ。
かわいい三姉妹の笑い声とゆるやかに暮らしをシフトチェンジする
おふたりのwelcomeが詰まったオープンの日。
とても気持ちよく、たくさん笑った一日でした。

お昼はもちろんミンデンさんのパン。
すかさず持ち寄ったオイルやツナとともに。。。
(くまちゃんナイス!)

ゆきさんは
「切り分けたその日も2日目も3日目もみんなおいしい。
 職人さんの味がするよー!」
って教えてくれて楽しみにしていたけれど
2日目には完食…。
少しずつ切り分けて 違いを味わってみたかった…。
がーん。

ほくほくとした気持ちで帰宅したけれど
肝心の工房や作品の写真が見当たらず。

ごはん日記みたいになっちゃうな。

工房や暮らしのいろいろ
aoyamaの様子はこちらから!
http://aoyama.ifdef.jp/aoyama_about.html


ごはん写真の色からも太陽のひかりがわかるかな。
ほんとうにあたたかな一日。

一枚二枚と着てきた服を脱ぎ捨てて 
脱皮するみたいに 半袖肌着姿でお山を駆ける子どもたち。

さいごに北風と太陽のお話を思いました。


love♡aoyama.お山暮らし。
ゆきさんかずしさんありがとー。












3月15日。
和葉の通う幼稚園の卒園式がありました。
年中さんの和葉は、在園児として卒園する年長さんを送りました。

そして2年間お世話になった幼稚園。
和葉もこの日が最後。
四月からは保育園に転園です。

クラスのお友達に きな粉飴とメッセージを送りました。
もちろんきな粉飴は粘土遊びのごとく・・・。汗
お味は素朴でおいしいのですよ。ほほ。


わたしはちっとも文字を教えないもんだから
長らく○×△◎××みたいなかわいいラブレターを書き続けてた和葉も
ここ数日、トイレの壁に貼り付けた「あいうえお表」とにらめっこして
なんとか文字らしく書けるようになりました。


朝早起きして
ひとりひとりにだいすきだよと書き書きする姿は
なんだかちょっとお姉さんみたいで
感慨深くも切なくもあるかぁちゃんでした。

2年間見守ってくださった先生方
チューリップ組のみんな ママさんたち
ほんとうにありがとうございました。


4月まで2週間の春休み。
今日もいい天気!
いっぱいあそぶぞー!




 


2011年3月11日 東日本大震災。

あの日から2年が過ぎた。

2013年のこの日
わたしたちは笑い声のなかにいた

飯田線の湯谷温泉駅に出店中の爾今で
こどもたちは電車ごっこに大はしゃぎ。
おとなたちもつられて大笑い。

14時46分。
みなで手を合わせた。
こどもたちも
同じように小さな手を合わせた。


きっと2年前のこの日も
日本中でたわいない笑顔の時間がながれていたんだろうなと思う。

震災が起きて
原発事故が起きて
たくさんの生き物が大地が傷ついた。
それは当分癒えそうにない。



2年。
たくさん揺れて ぶつかって近しい人とガンガン話して分かったこと。
わたし
暮らしの根っこを大事にしたい。

種を蒔くこととか
そこから作物を育てること
火を熾すこととか それで調理することとか

くらすこと そのものを楽しんでしまいたい。


もう誘惑がたくさんで めまいがしそうだけれど

誘惑の裏側に隠されている痛みを
想像する努力をあきらめたくないと思う。




桜の蕾が膨らみはじめたよ。
木蓮の白い蕾も。
花の便り届くかな。

no nukes

3年目の春。
ちいさな決意をここに。





 


きのうは3月9日。
thank you の日でしたね。

ありがたいありがとうの日。
あたたかくまぶしいいちにちでした。




写真はキンセンカ(カレンデュラ)のお花。
ことしは若
草のtomさんに教わって
この花びらの成分をオイルで抽出して
カレンデュラオイル、それを使って蜜蝋クリームまで作りたいな
と思っているのです。うふふ。
(デリケートなこどものお肌のケアにぴったりなのです)

お花がこちらを向いていくれてるだけで
なんだかうれしい気持ちになるけれど
そのお花を日日のセルフケアにまで活かせるなんて
庭のポットを眺めるたびに うしし と
こころおどる かぁちゃんでした。

春 春 春ですな。
目覚めの季節。うれしいな。





ことしもお味噌の日。
福津農園の松澤さんのもとで来年分のお味噌を仕込みます。

前日から浸水したお豆を抱えて、加工所までえっちらおっちら。

圧力なべからシュンシュン。ピンのまわる音。

ffb68a47.jpeg   

茹であがりをチェックするおふたり。

たえこさんの手から大地の手へ。

ふむふむむしゃむしゃ いい加減。良い加減。

414f64f7.jpeg


























そして登場お世話になりますミンチマシーン。

この挽きたてお豆のおいしいこと!


fcc5888e.jpeg



























塩きり麹と挽いたお豆をまぜ合わせていきます。
もちろんこの方は大喜び。

がむばりました。
お手伝いとつまみ食い。


匂いとか音とか手触りの記憶と助けてくれた方々の雰囲気と
お豆とともに瓶の中で熟成されて
再来年の瓶オープンを迎えられますように。

ことしもかわらずお味噌を仕込めたことに感謝!


 


あしたはカドヤで四土市。
お昼の当番はkotonの熊川紀子さんこと くまちゃんです。
わたしはアシスタントでがむばりますよ!

おにぎりとあったかお汁、おかずをすこし。
旬のお野菜をいただきます。
しみじみおいしい くまこ定食。

あしたも寒いかもしれません。
いえ、カドヤは寒いでしょう。

みんなでストーブを囲んで
春に向けて楽しいことはなしましょう。

爾今のとらさんあけみさん
四土ガールと作家さん
くまちゃんと一緒にカドヤでお待ちしています。


お昼のセットのご予約は09012322605爾今まで。
住所は新城市門谷宮下23


写真は、星農園から届いた春のお知らせ。
寒いけど寒いけど寒いけど
もうすぐそこだよ 春の日が!

最新記事
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
バーコード
プロフィール
HN:
雨土みほ
HP:
性別:
女性
自己紹介:
雨土 amatsuchi      川村美保

枇杷エキスをつくる人。
09年静岡県浜松市に移り住む。
ばぁばやそのまたばぁばたちが日日つないできた手仕事を知りたいと思っている。
もちろんおいしいモノには目がない。
特技は素潜り。

オットー川村佳吾 蒼蒼舎という名前でお庭のお仕事をしています。  
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone   Since 2009.6