忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




今日は枇杷のこと。


数年前に暮らした岐阜の古家のお庭の枇杷の木で漬けはじめた枇杷エキス、
浜松に居を移してもうすぐ1年。
新しく植えた枇杷の木はまだ3,40cmほど…
はて 今年はどうしようかと考えていたら…
新城のカフェ爾今さんにご縁をいただいて
お庭の枇杷の木をどうぞと 申し出てくださる方にお会いすることができました。

枇杷の葉は冬の寒さが最も厳しくなる頃 
大寒のころが一番エネルギーが高いといわれています。

なるほど 確かに。
枇杷の一年を想像してみると
初夏の結実のあと秋から冬へ 徐々にエネルギーを蓄えはじめ
これから新たな実を育てるために 葉をひろげ養分を培う
それが今、大寒のころ。


今日は 豊橋のお年寄りの小規模デイサービス「花日和」さんにおじゃまして
枇杷葉の剪定収穫をさせていただきました。

満面の笑みで迎えてくださった花日和さん。
昔ながらの日本家屋で縁側で腰かけるお年寄り
中からは懐かしい唱歌の演奏も聞こえてきました。

お庭の枇杷の樹から一枚一枚大きく育った葉をいただきました。
(エキスを抽出するにはなるべく大きく古い ごわごわとした
 葉っぱが適しているそうです)

枇杷の木の下には こぼれ種から生えた小さな芽もありました。
こうして 繋がれていくいのち
その途中 わたしは枇杷のエネルギーを少しもらって
それが 近しいひとの健康や心地よいことへ繋がっていけば
うれしいなと思うのです。


ああ つくることをあきらめなくってよかった。
花日和さんのキラキラの笑顔にお会いできてほんとうによかった。
めぐり合わせに感謝です。

今夜からしばらくガサゴソ枇杷仕事。

写真は今年 ゴミ捨て場から救出したストーブ。
芯を新しくして 中の汚れを落としたら(オットーが、です)
不具合もなく 小さなわが家を温めてくれています。

ストーブの上の薬缶がかたこと
お番茶の香ばしい香りに深呼吸。



深夜の魔女時間のまえに一呼吸。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[102] [101] [100] [99] [98] [97] [96] [95] [94] [93] [92]
最新記事
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
バーコード
プロフィール
HN:
雨土みほ
HP:
性別:
女性
自己紹介:
雨土 amatsuchi      川村美保

枇杷エキスをつくる人。
09年静岡県浜松市に移り住む。
ばぁばやそのまたばぁばたちが日日つないできた手仕事を知りたいと思っている。
もちろんおいしいモノには目がない。
特技は素潜り。

オットー川村佳吾 蒼蒼舎という名前でお庭のお仕事をしています。  
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone   Since 2009.6