忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




今日は爾今さんの四土市。
日向は暑い暑いいちにちでしたが
川からの風のおかげで木陰はオアシス。

ロベルトさんのブラジリアンサンドをほおばって
こどもたちは川へレッツゴー。

せっせとカニを追いかけて、捕まえては尻もちついて
キャッキャと遊んでもらっていました。

帰りには山の温泉につかって、すっきり

ああ夏休み。いい日だな。



そして今日はわたしの生まれた日。
31回目の誕生日でした。

あちこちからお祝いのコトバ
うれしかったです。ありがとう。


31歳。
いろんなことが起こる日日を
お腹の底でキャッチして
どっしりどーんといきたいものです。


夜ごはんは明美さんととらさんと近所のイタリアンのお店に行きました。
笑いある時間をいつもいつもありがとですー。


dd21734f.jpeg

PR

1週間とすこし前から和葉がお咳をはじめて
つづいて大地がお熱をだした。

お咳鼻水鼻詰まり。まるっと陰性。
急に暑くなったから 慌てて冷やしすぎたかな。

けんかしたり仲良ししたり 寝たり起きたりの一週間おうちdays.

ようやくようやく お熱がやんで
ふたりのパワーが満ちてきた。

「病み上がりおめでとう!」って くまちゃんからのメール。
そう。おめでとうだね。
鉄棒の逆上がりができた時みたいに
お風邪あがりだね おめでとう。



一週間ぶりに 海さんの散歩で通った堤防へつづく細い道
緑がぐんぐん手を伸ばして あっちとこっちと手をつなぎそう。
緑が濃い。
稲の花も咲きはじめたよ。

夏。

今日からラジオ体操だ!(出遅れごめん!)

7月11日。
おかげさまで和葉 5歳になりました。

3頭身くらいだったずんぐりむっくりなカラダが
毎夜毎夜伸び進み
頭から足まで100㎝になりました。1m。わーお。


きょうもあなたが生まれた日のこと 思っているよ。
愛しいー っていうのかな
そういう気持ちが初めて湧いてきた日。
愛しい記念日 だな。


ここにきてくれてありだとう。


おもしろい毎日をありがとう。
5年目のかぁちゃんを引き続きよろしくたのむよ。





Sさんにプレゼントしたくて
小さな畑のヒマワリを採りにいったら
(鳥か和葉か誰かがいつの間にか運んでくれた種から、
 畑の真ん中に花をさかせたの。)

ブンブンブン ミツバチの羽音 聴こえたよ。


わたしも ミツバチ なれるかな。

Let's ブンブン!




鎌仲監督のコトバより~

ミツバチは蜜を取ると同時に
受粉を助けて実を実らせるという
自然とともに生きていく
持続可能な生き方の象徴だと思うんです。

また『ミツバチの羽音』は
英語でbuzz communication といって、
<口コミ>という意味があります。
日本のエネルギー問題を
マスコミが取り上げないのであれば、
わたしたち一人一人がぶんぶんと
発信していけばいいんじゃないか
という意味合いも込めています。

<誰かではなく、自分自身が>
ミツバチのような存在をめざすことで
社会は変わっていくと・・・。

そして、『地球の回転』は、
人類が動かしようのない大きな力。
地球が太陽の周りをくるくる回ることによって、
すべての自然エネルギーは生みだされています。

ミツバチのような「小さなまなざし」と
地球の回転という「大きな視点」、
その両方を持って進んでいこうと。

そんないろいろな想いを込めた
タイトルになりました。



さぁ 書こうかな おっぱいのこと。

ひと月くらい前からじわじわ感じていた その時を。
おっぱい ばいばい。
断乳のこと。

ヒトは二足歩行がしっかり安定してきたら
内臓も 食物を飲み下す準備が整ってきたってことだよ
ってきいていたから
ちょろちょろと脱走大臣の大地は
そろそろ その時だろうなと 感じてた。

動物的には狩猟のトレーニングをはじめるころかな。


何週か前から もうおっぱいサヨナラだよと伝えながら
向き合ってきたおっぱいタイム。

おっぱいの
右の方が詰まりやすいとか
(細かく言うと 時計の2時をさす針のラインが特に とか)
チーズとお餅をどれだけ食べると怪しくなるとか
おっぱいの特徴
水分のとり方とか
詰まってしまった時のお手当とか
圧抜きとか

ふたり目だからか
なんとなくお付き合いが良好だったマイおっぱい。

ただかわいくてうれしくてたのしくて
途中で顔をあげて 見つめられたりしたら もう
たまらんかったおっぱいタイム。


その朝
最後のおっぱいが終わると
いつもと変わりなく わたしのシャツをおろして
そそくさと あっさりさっぱり 
その場を離れて遊びに手をのばす大地さん。


声にだしたら泣けちゃうけど
くしゃくしゃに笑ってありがとっっていったら
大地はキョトンとして
いっしょにあそぼうとわたしを呼んだ。


これからはがまんの時間。

泣いても怒っても おっぱいはないよ。

その夜は 一晩泣いて泣いて 怒って
泣いて 疲れてうとうとしては泣いて。
いっしょになってしくしく泣いて。
だいじょうぶー とお背なをとんとん。

朝を待った。
ふたりでしんしんと朝を待った。

陽がのぼったら
しょうがないから(?)ごはんを食べて
お日様の下に遊ばせて。

ごはんをあげて お茶っこをあげて
太陽の下にほうり出して。

疲れたら はぐ。はぐ。はぐ。



次の晩からは泣くこともなく
こってりと眠りについた。

もう あっけないくらいに。

3時間おきに授乳していた夜間帯も
その日を境になくなった。

朝がきたら ごはんをもりもり食べはじめた。

わたしを通して補給していたエネルギーは
もう わたしを介すことなく
大地がダイレクトに 摂る。

まだ下手っぴで
ごはんのたびにテーブル周りは大変な惨状だけど
もりもりとごはんを自分で食べる姿は
生き生きとしていて うれしそうでもある。

ありがたくいただいて
いただいたエネルギーを
めらめらと燃やして
毎日を冒険してほしいと思う。


ありがとうおっぱいタイム。

今朝、海の散歩から帰った
上下チェックオンチェックのちょっとおもしろい服装のオットーにも
全面協力をありがとう。



ちなみに断乳後のおっぱいのお手当は自分で様子を診てやってみた。
和葉のときは母乳相談室で診てもらったけど。
なんとなく自分で最後までめんどうみたいなぁと思って。
(3日くらいは、行き場をなくしたおっぱいが生産されつずけるのでカンカンに
 膨れて、ある程度圧抜きして最後は体内に吸収されるそうな)

3日間は腫れて痛くて痛くて
でもその後は 需要をなくして生産をストップしたマイおっぱい。
さよなら わたしのボイン。。。

バイバイおっぱいコミュニケーション。

わたしたちの心配をよそに
軽々と新しいステップ越えていってしまったね。


わたしと大地のおっぱいの話はこれでおしまい。



外は雨
低気圧のベールのおかげかぐっすりお昼寝のこどもたち。

さぁ3時のおやつの準備をしよう。



2012年6月6日 大地 1歳5ヶ月20日 断乳 万歳






雨のはじまりのすこし前に
爾今さんの麦畑へ行きました。

おのおのに鎌でかり
なめした藁でシュルシュル結わえてはハザにかける。

ハザまで運ぶのはこどもたちの仕事です。

よろこびいさんで えっさっさ。



おとながあそぶと こどももあそぶ。
こどもが笑うと おとなも笑う。


ねぇねぇ このmugi パンになるんだよ!
すごいでしょ!
ふふふ 楽しみだね。



ありがとう
署名活動@オーガニック百姓マーケット。

こどもたちと思い思いに草をつなげ
花を束ねて 遊んだ2時間。

草冠のかわいいちびっこたちでした。



熱い中での署名活動。
おんなじ方に向かって歩いてるママさんの
頼もしかったこと。

傍らにはこどもたち

これからもずんずん腕をふって歩いていきたい。

ずんずんずんずん。



たのしいいちにちでした。。。






和葉が幼稚園の図書館から絵本を借りてきた。
タイトルは「ばばばぁちゃんの草だんご」。
ばばばぁちゃんがこどもたちと草だんごをこしらえるおはなし。

その後
鳴りやまない草だんごコールに応えて
庭の蓬で草だんご作り。。。

摘みとるごとに ムンっと野生の香り。
洗って湯がいてせっせと捏ねる。

motizuki kazuha 4歳
ちびっこハンターを牽制しつつ なかなかいい手つき。


098bd3c5.jpeg



























ちょっと苦くて青くて 。
春の草 おいしいな。

↑この方もmotizuki ファミリーの仲間入り…。ふふ。


ばばばぁちゃん パワフルでハートフル。でちょっとおちゃめ。

出逢っちゃった わたしのあこがればばばぁちゃん。




 




春のはじめ、みんなで新城の鳳来寺山に登りました。
四土市の門屋小学校から石段1245段。
オットーの背中には大地。海(わん)に手 ひかれて。
和葉は たったか わたしの前を。

みどりがまぶしくて
誰かが重ねた石の道 踏みしめて
えいやっと越えていく。

爽快ないちにち。


5571d9b3.jpg




























758640fd.jpeg








 


 
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
最新記事
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
バーコード
プロフィール
HN:
雨土みほ
HP:
性別:
女性
自己紹介:
雨土 amatsuchi      川村美保

枇杷エキスをつくる人。
09年静岡県浜松市に移り住む。
ばぁばやそのまたばぁばたちが日日つないできた手仕事を知りたいと思っている。
もちろんおいしいモノには目がない。
特技は素潜り。

オットー川村佳吾 蒼蒼舎という名前でお庭のお仕事をしています。  
忍者ブログ / [PR]
/ テンプレート提供 Z.Zone   Since 2009.6